10161122

今日は中間試験が二つあった。物質循環化学と無機化学。いつものことだけど最初頑張って途中めちゃめちゃ手を抜く、最後燃え尽きられない。なんだかんだ徹夜もせずに中途半端に寝てしまい、微妙に寝不足のまま大学に向かった。なんとか安全圏までいったと思う。終えて帰ってきてからは驚くほど寝た。

 

 

昼寝から一度起きて昼ご飯を食べなきゃな、と思いながらも恋人にメッセージを送ってまた寝てしまう。夕方になったら板長に、お付き合いをすることを報告に行く約束をしていたのにギリギリに起きる。メイクもヘアセットもできてない。仕方ない、行くか。ぼんやりした頭のまま、秘密にしようを爆音で聴きながら家を出る。待ち合わせは東進で~。EMCの曲みたいにローソンで待ち合わせをしたい。あれはいい曲。東進の前についたらいつものように恋人がいた。

 

板長に伝えると、思ったより震えている声、でも顔はまっすぐ、という感じ。想像していたよりも早めに話が終わって、ほっとする。わたしは板長が気づいていると思っていたけど違ったようだ。驚く高橋さん。シフトに入っていなかったけど働いていきなよ、と言われて働く。祝前ということもあってめちゃめちゃ忙しかった。途中疲れてる恋人を応援しながらわたしも動き回った。2人でいるときにモヤモヤしてしまうことは、バイトに一緒に入ってる時なら感じない。フィルターかな、周りの人がいて完成してる関係なのかも。営業を早めに終えて、板長とばくちゃんが先に飲みに出かける。バイト達は後で合流した。

 

 

締め作業も終えて、みんなで合流する。集まってからは色んな話をして、主に酔っ払いの板長の相手とか、あとは年末のシフトの話とか、やる気の話とか。ばくちゃんが連れて来ただけあってわたしはそっち側の人間。ちょっとみんなに引かれた感じがしたけど、でもわたしはこういうの考えないとやってけないんだよね。モチベーションの話。みんな煙草吸ってて吸いたくなっちゃったので望さんに一本もらう。甘いバニラ味だった。ウィンストン。次はこれ買おう。

 

 

ある程度解散する分岐点までみんなで歩く。前にいる恋人が寂しそうにしてたけど、酔っ払いの板長が心配になって最後尾まで戻ってしまう。ごめんね。なんかあなたより周りを優先してしまう。ほんとに好きなの、って聞かれたら、ごめんなさいと謝ってしまうだろうな。私たちは自分自身に自信がない分、お互い相手に存在意義を見出してしまっていて、たぶん一緒にだめになるよ。もう既に終わりが見える。ため息。慰めあって生きていくの、どうなんだろう。

 

 

周りが気をつかってくれてそれからは恋人と二人だった。帰って来たらもう7時になりそうだった。明るい中眠りに着く。

 

f:id:monosugoiai:20161123065359p:image